成田空港近隣ペットホテルの選び方~予約前にチェックしておくこと~

猫

旅行や出張に役立つペットホテル

海外旅行や出張などで家を開けるときには、ペットを飼っている人はペットを家に残しておくわけにもいかず困ってしまいます。そんなときには、成田空港近くのペットホテルを利用すると便利です。料金も、1週間程度預けたとしても1万5千円前後で預かってもらえます。もちろん餌やりなどのお世話はきっちりと行ってもらえますし、犬は散歩にも連れていってもらえます。食べ物に好き嫌いのある猫の場合は、キャットフードを指定しておけば指定のキャットフードを使ってもらえます。

部屋タイプによって価格に変動アリ

ペットを預ける際には、ペットの種類や部屋のタイプによって価格も異なってきます。小型犬や猫などは1日2千円程度となり、うさぎやハムスターであると、1日千円程度となります。大型犬については別途料金が設定されていますが、大型になる程料金は高くなります。多くの業者では部屋についてもタイプがいくつかあります。例えば、スタンダードとデラックスなどのタイプ分けがされていて、スタンダードでは比較的小さなケージにての宿泊になりますが、デラックスであると4帖半程度の大きな部屋での宿泊となります。

空港から数分なのでお迎えも楽々

成田空港の周辺には多数のペットホテルがありますが、中には第二ターミナルに直結した立体駐車場のビルの地下1階にあるペットホテルもあるため、お出迎えも楽に行けます。また、成田空港の周囲にあるペットホテルも車で数分のところにあるので、預けに行くのもお迎えに行くのも楽です。空港の周囲にあるペットホテルの方が、青空の下に広がるドッグランなどがあり犬や猫にとっては快適かもしれません。空港の周りのペットホテルでは、到着時にペットを空港に連れてきてくれるサービスをしているところもあります。

ペットホテルを選ぶ際に押さえたい3つのポイント

万が一の時の対応体制をチェック

犬や猫を預けている最中に、ペットの体調不良が発生するかもしれません。そんなときに、きちんと動物病院に連れていってくれるかどうかをチェックしておきましょう。また、いつ体調不良になるかわからないため、24時間体制にてスタッフがペットの様子を見てくれるペットホテルがオススメです。

ペットの様子を教えてくれるか

旅行中やお仕事中に自分のペットが元気にしているかが心配で、旅行やお仕事に集中できないとペットホテルに預けた意味がありません。ペットホテルの中には、現在のペットの様子を写真などでメールにて配信してくれるところもありますので、心配な人はそのようなサービスがあるホテルを選ぶと良いでしょう。

普段のものを持ち込みできるかをチェック

動物は環境の変化はとてもストレスになります。せめていつも遊んでいるぬいぐるみなどのおもちゃを持たせてあげたいものです。普段利用しているおもちゃや食器などを持ち込むことができれば、環境の変化に対するストレスは多少軽減されますので、普段のものを持ち込めるかチェックしておいた方が良いでしょう。

ホームページから簡単に予約可能

成田空港の近くのペットホテルのほとんどは、インターネットのホームページから簡単に問い合わせや予約が可能です。予約時に必要な情報は、飼い主の名前や住所などの情報と、ペットの名前やタイプ、預ける日の情報、利用する航空機情報、ペットのかかりつけ医などです。

自宅にお留守番させる場合とペットホテルに預ける場合を比較

ペットホテルは安全性が高い

自宅にペットだけ残しておくと、部屋の中で怪我をしてしまったり病気をしてしまったりなどしたときに対応ができず、大変なことになってしまいます。ペットホテルに預ければ、ペットの状態を監視してくれますので安全なのが魅力です。

ペットホテルでは食事やトイレも安心

自宅に不在中の間分の餌をまとめて置いておくと、ペットは初日に全部食べてしまうかもしれません。そうすると、最後の日には餌がなくなってしまいます。また、特に猫についてはトイレが汚いとトイレを我慢してしまう習性があります。ペットホテルに預ければ、食事の管理もトイレの管理もしっかりと行ってくれますので安心です。

広告募集中